鉄骨・RC

RC建築

火災や地震にも強く、柔軟なデザインに対応できる益田建設のRC造

Photo:RC建築RC造(鉄筋コンクリート構造)は耐用年数が長いので二世帯住宅にもピッタリ、木造住宅にはできない開放感あふれた大空間も実現可能です。
益田建設は耐久性を重視したRC造(鉄筋コンクリート構造)のノウハウも豊富です。高気密・高断熱、耐震性、防音・遮音性などに優れ、狭小敷地を利用できるなどメリットが多いのもRC造の魅力です。


【耐震性】
耐震設計された基礎 現場打ちの鉄筋コンクリートの壁式構造は、耐震性の最も高い構造です。基礎は一般木材の数倍の鉄筋を敷きつめた「耐圧スラブ基礎」で、その基礎と躯体が1体となるモノコック構造を形成することにより、地震や台風などの外力をバランスよく分散し受け止めます。日本を襲った数々の大地震においても、一番被害の少なかった構造は鉄筋コンクリート壁式構造でした。

【耐久性】
強い耐久性で住み継がれる住宅を 日本の住宅寿命は平均30年といわれ、他の先進国と比較してとても短いものです。ここにきて国は「200年住宅構想」を発表しました。住宅の寿命化は、これからの少子高齢化・地球温暖化などの問題を考えるととても重要な課題です。地震・火災に強く、躯体の劣化も少ない鉄筋コンクリート住宅のような、次世代への引き継ぎが可能な高耐久住宅はとても重要です。

【断熱・機密性】
省エネ効果が高い地球に優しい住宅 54mmの発砲断熱材とすき間の無いコンクリート躯体でしっかりと断熱・気密化された鉄筋コンクリート住宅は、各部屋の温度差も少なく、家中で温度ストレスの少ない快適な環境が得られます。さらに非常に省エネ効果が高いため家計にも地球にも優しい住宅です。

【耐火性】
火災に耐える防火性能 150mm〜180mm厚のコンクリートで躯体が造られているため、非常に高い防火性能を有しています。外部からだけでなく、室内からの火災が隣室へ類焼するのを防ぎ、万一の火災においても資産を守り、避難に十分な時間を確保します。

【経済性】
埼玉県では火災保険料がお得です 埼玉県の火災保険料率は
●鉄筋コンクリート作り(年間、1千万円に対して43,000円)
●木造住宅(外壁サイディング)(年間、1千万円に対して131,000円)

【防音性】
優れた遮音性だからできる、多目的空間 150mm〜180mm厚のコンクリートが、音のエネルギーを遮断し、外からの音はもちろん、家の上下階の振動音も防ぎます。カラオケやピアノのレッスン等のプレイルームとして多目的ににご使用いただけ、ご近所への配慮はもちろん、生活する時間帯が異なる2世帯住宅など、お互いのプライバシーの尊重を考える生活スタイルでも、快適な住環境を実現します。

鉄骨・RC

  • 益田建設の鉄骨・RC
  • 鉄骨建築
  • RC建築

ページトップへ戻る

Copyright ©2008 Masuda Construction,Inc. All Rights Reserved.